見出し画像

U-NEXTはブランドをリニューアルします

U-NEXTはさらなる成長に向けて、企業としてのミッション(社会に対して果たすべき責任)とバリュー(私たちが大切にしている価値)を制定しました。また、これに合わせて4月15日から、U-NEXTのブランドをリニューアルします。

いまよりもっと、「ひとりひとりに、最高の時間を配信する。」

2007年にサービスを開始したU-NEXTは、グローバルサービスがひしめく中で、日本発の独立系サービスとして着実に成長を続けてきました。定額制動画配信サービスとしては、2019年に純国産サービスとしてシェア1位も獲得しています。(GEM Partners「動画配信(VOD)市場5年間予測(2020-2024年)レポート」より)

また2019年1月には、1つのアプリ内で動画と電子書籍をシームレスに楽しめるサービスへと進化するなど取り組む領域も拡大を続けています。

そのなかで、今後さらにお客さまに愛されるサービスへと進化するため、企業のミッションとバリューを新たに制定しました。

動画配信サービスは、お客さまひとりひとりの大事な時間をつかっていただくサービスです。だからこそ、いつでも最高の時間をお届けしたい。

サービス開始当初より大切にしてきた価値観をあえて言葉にすることで、いままで以上にお客さまとの接点を感じながら、サービスをより進化させていけこうと考えています。

画像1

画像2


遊び心・フレキシビリティ・インパクト・ユニークネスを追求したデザインイメージに一新 

また、今回のミッション、バリューの制定にあわせて、デザインイメージも一新いたしました。

キーワードは、遊び心・フレキシビリティ・インパクト・ユニークネス。お客さま一人ひとり、作品1つ1つに合わせて色や形を変えながら、それでも変わらない「U-NEXTらしさ」をお届けする——というメッセージが込められています。

画像3


ブランドロゴは「青」から「黒」へ

画像4

ブランドロゴも、だれにとっても「自分のもの」と思えるように、またどんな作品ともコラボレートできるように、色の印象の強かった「青」ではなく、「黒」をメインカラーとして採用しました。

映画やドラマ、アニメまで、さまざまなジャンルの作品を配信しているからこそ、個々の作品やジャンルのイメージに合わせ、その姿やありかたを変えられればという思いも込めています。

作品や用途に応じて、さまざまに変化するU-NEXT

ブランドリニューアルにともない、プロモーションツール等も新たに生まれ変わります。コラボレートする作品やシーン、用途に応じて、さまざまな色や形に変化するU-NEXTの多様性を、さまざまなアイテムで表現しています。

画像7

画像6

画像7

あわせて、コーポレートサイトもリニューアルしました。ぜひご覧ください。

---

今回のリニューアルの背景やデザイナーの思いについても、別途noteを制作予定です。GW前にはお伝えできるよう準備を進めていますので、そちらも是非ご覧いただけると嬉しいです。




87
株式会社U-NEXTのコーポレートnoteです。 https://www.unext.co.jp/

こちらでもピックアップされています

#デザイン 記事まとめ
#デザイン 記事まとめ
  • 5148本

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。